ENVIRON(エンビロン)の種類と使い方:静岡美容外科橋本クリニック


以前ご紹介させていただいたホームケア用品のENVIRON。

当院に肌トラブルで通院されている患者様から、エンビロン使用後「肌の調子が良くなった」「乾燥が気にならなくなった」「ニキビがなくなった」嬉しいお声をいただいております。

ENVIRON(エンビロン)とは肌本来のコンディションを高め、みずみずしく美しい肌へ導く、メディカル発想のスキンケア化粧品です。

多くの方々がお悩みのシミ・くすみなどの肌トラブルやエイジングは、内服薬・外用薬・レーザーや外科的治療で改善しますが、だからといって何の対策もせずにいると同じトラブルが繰り返されます。

そで重要になるのが日頃のスキンケア。

ENVIRON(エンビロン)はビタミンA配合のメディカル発想のスキンケア用品で、肌本来のコンディションを高め、みずみずしく美しい肌へ導きます。

ENVIRONとは

まずは簡単にENVIRONについておさらいします。

詳しくは過去のブログ「スキンケア:ENVIRON化粧品」を参考にしてください。

肌のコンデションを正常に保つために欠かせない鍵を握っているのは「ビタミン」です。

中でも「ビタミンA」には肌バランスを正常に保ち、ダメージケアする働きがあります。

そもそも私たちが生まれた時の肌はビタミンAに満ち溢れています。

しかし、ビタミンAは紫外線により破壊され、紫外線によりダメージを受けた肌には、キメの乱れ、くすみ、シミ、はり不足など、多くの肌トラブルが起こります。

健康で若々しい肌を保つためには、常にビタミンAを補給することが必要です。

エンビロンはこのビタミンAを高濃度に配合したスキンケアシステムで、紫外線によりダメージを受けた肌に、たっぷり良質のビタミンAを補給し、健康で若々しい肌へ導いてくれます。

ENVIRON製品

さて、当院でもご好評いただいているエンビロンホームケア製品ですが、スキンタイプによりオーダーメイド感覚でご利用いただけます。

エイジンクケア(ベーシックケア):モイスチャーシリーズ

エンビロンの基本ラインです。

ジェルとクリームにビタミンAが配合されています。

モイスチャージェル、クリームは毎日朝晩の使用で2か月ほど持ちますので、肌質の変化以外にコストパフォーマンス的にも人気があります。

ビタミンA濃度を段階的に上げていくため、モイスチャージェルは1~2番、クリームは1~4番まであります。番号が進むにつれてビタミンA濃度は上がっていきます。

高機能エイジングケア:C-クエンスシリーズ

C-クエンスラインは、厳選された原料により、より上質なスキンケアを目指したスペシャルシリーズです。

ジェルにビタミンAが配合されていて、1から4番まであり、段階的にビタミンA濃度が上がっていきます。

エイジングによるお肌の衰えが特に気になる方には大好評いただいております。

毛穴の皮脂トラブル(ニキビ肌)のトラブルケア

ニキビ肌でお悩みの方向けのシリーズです。

抗菌効果と共に、角質を整えながら毛穴ケアによるニキビ肌を改善していきます。

モイスチャーシリーズでもニキビ肌の改善はできますが、こちらのシリーズで皮脂トラブルが改善してから移行することも可能です。

モイスチャーACEオイルはビタミンA・C・E配合の保湿オイルです。

乾燥・敏感肌で毛穴の皮脂トラブルのトラブルケア

乾燥・敏感・ニキビ肌でお悩みの方向けのシリーズです。

ダーマラックローションには乳酸や尿素が含まれていて、しっとり、柔らかい、なめらかなお肌になります。

ボディーやボディーのニキビにも使用することが可能ですす。

クリアスキンコントロールは皮脂をコントロールしてニキビを早く落ち着かせる効果があります。部分使いしていただきます。

プラスαでオーダーメイド感覚

上記基本ラインに加えて、必要に応じて普段のケアにプラスアルファして組み入れていただける商品もたくさんあります。

いくつかご紹介いたします。

C-ブースト

ビタミンC配合のC-ブーストは、よりハリを高めたい方にお勧めです。

ビタミンAは配合されていません。

C-クエンスアイジェル

高機能エイジングケアのアイジェルは、目元のハリのケアをしたい方にお勧めです。

ビタミンAが配合されています。

モイスチャーオイルカプセル

保湿に高めたい方にお勧めで、特に乾燥の気になる方に大人気です。

ビタミンAが配合されています。

Aーブースト

ビタミンAが更に高配合されたAーブーストは、モイスチャークリーム4からさらにステップアップしたい方にお勧めです。

 春からのシミ対策を始めましょう

夏の暑い時期に紫外線が多いと思われがちですが、これからの時期、5月から7月に一番多く降り注いでいます。

夏が来てからの紫外線対策では遅いのです。

6月は梅雨の季節。晴れている日が少なく、紫外線をそれほど気にしない方が多くいらっしゃいますが、晴天の日には真夏と同じくらいの紫外線が降り注いでいます。

屋外で過ごす機会の多い方は、念入りな予防を心がけていきましょう。

肝斑やシミ治療、ホームケア化粧品に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。