亀頭増大について


最近は男性のお客様に多数ご来院していただいております。

そんな男性のお客様のなかで比較的多い施術は亀頭増大注射です。

最後にモニターのお客様の写真もあります。

 

亀頭増大はどんなお客様が行うか

1、「パートナーを満足させたい」

2、「ペニスの見た目を良くしたい」

3、「温泉などで恥ずかしい思いをしたくない」

これらは亀頭増大を主訴にいらっしゃる男性のお客様の代表的な悩みです。

亀頭を増大させる事で成長不良の先細りペニスが改善され、逞しく立派になり気持ちの自信にも繋がります。

亀頭増大の治療方法

主にカリと呼ばれる部位にヒアルロン酸・アクアフィーリング・アクアミドのいずれか1つを選んで頂き注入します。

当院の増大術で使用する薬剤は、お客様の安全性を考え、ヒアルロン酸・アクアジェルのみのお取り扱いにしております。

亀頭増大術では、カリ首を中心に、全体のバランスを考慮しながら注入します。

カリ部位は性交渉時、女性の膣内に一番密着する部位とされています。

施術はブロック麻酔を施した後に極細の針で注入するため、痛みも殆ど無くメスを一切使用しないので ダウンタイム(日常生活の制限)もありません。

当日のみ亀頭部に包帯を巻かせていただきます。

翌日から入浴も可能です。

施術は麻酔の時間込でおよそ15~30分前後で終了いたします。

亀頭増大に用いる注入剤の種類

1、ヒアルロン酸(テオシアル) 6ヵ月持続します

スイスのTEOXANE社が開発したヒアルロン酸です。

およそ80ヵ国で販売され、全世界で60万回以上の注射が実施されています。

全世界のヒアルロン酸のシェア第3位の製剤です。

2、アクアフィーリング 約3年持続します

欧州で開発された長期間持続可能な注入剤です。

アクアフィリングは製品安全マーク(CE認証マーク・KFDA)を取得しています。

注入後ゆっくりと分解する特徴のため、長期間持続します。(約3年)

また、生理食塩水を加えることで分解することも可能です。

3、アクアミド 約15年持続します

デンマークのCONTURA社で医療用として開発され、ヨーロッパで医療機器分野のCEマークを取得。
最大の特徴はその効果が非常に長期間持続することです。(約15年)

アクアミドは、ヒドロゲルという水97.5%とポリアクリルアミド2.5%でできている成分からできており、注入後はからだと調和し皮下の最適な場に集まります。

体の組織と一体化するので、からだの一部であるようかのように感じます。

ヒドロゲルは微粒子をまったく含みませんので凸凹しません。

そのため、効果そのものは注入したゲルから得られるもので、微粒子に対する異物反応から起こるものではありません。

つまり、組織硬化あるいは線維症を起こしにくいのです。

注入したボリュームは、実際に目で確認できるものと同じ量であり、担当の医師が見た目を正確に修正することが可能です。

アクアミドは水性ゲルなので組織に注入後、ヒドロゲルと周辺組織の間で水分の交換を絶えず行います。

時間が経つと血管が新生され、免疫システムにアクセスできるようにります。

亀頭増大のメリット

    • かりを中心に注入するため少量でも効果を実感
    • 自然な仕上がりのため増大していることがバレない
    • 刺激に強くなり早漏防止に繋がる
    • 亀頭の弾力が増すためパートナーを喜ばせられる
    • ハリが出るため力強いペニスに見える

亀頭増大のデメリット

  • 当日包帯を外せない(排尿は通常通り可能です)
  • 注入後3日間、性交渉、自慰行為禁止です。(感染予防のため)
  • 注入部位に内出血することあります。

当院の亀頭増大の特徴

  • 明朗会計です
  • 十分な時間をかけてカウンセリングを行います。
  • 説明と同意を徹底しております。
  • 患者様に合った丁寧な接客を心がけています
  • 男性ドクターが担当します。

院長イラスト

些細なことでもお気軽にご相談ください。

当院の亀頭増大のHPはこちらです。

最後にモニター様のご紹介です。

見たくない方はここまででお願いします。

 

 

 

 

 

 

亀頭増大のモニター様のご紹介です

この方は包茎手術と亀頭増大を両方されたお客様です。

かなり男性らしい仕上がりとなりました。

費用:15万円

リスク:内出血 1週間程度、腫れ 1~2週間程度、感染 1週間程度