ピコトーニングによる肘の色素沈着の改善症例


当院ではピコトーニングに通われている方が多数いらっしゃいます。

ピコトーニングはシミ、そばかす、くすみ、肝斑、毛穴の開き、ニキビ跡、色素沈着などに効果があります。

今回は色素沈着になってしまった患者様の症例をご紹介します。

汗や服の繊維など色んな要因で肌に痒みなどが発生し、ついつい掻きむしってしまったことはないでしょうか。

痒みが収まり、肌も自然な状態に戻りますが、掻きむしってしまった場所は黒ずんでしまいます。

肘の色素沈着が気になり、来院された患者様のの状態です。

Befor

 

肘の内側が黒ずんでいるのがおわかりでしょうか。

黒ずみになってしまった部分は中々戻りません。

ピコトーニングはパチパチ弾かれるような感覚はありますが、痛みはほとんどありません。

照射直後は熱が入りますので肌がうっすらピンク色になりますが、パックをしますのでご帰宅時までには色味は治まりますでご安心ください。

After

ピコトーニング3回目の状態です。

上の画像と比べて違いが分かりますでしょうか。

やや黄色っぽさはありますが、黒ずみが改善されほとんど分からなくなっています。

患者様は1ヶ月置きに通っていたただいておりますが、徐々に色素沈着が改善されご満足いただいております。

これから薄着になる季節なので気にならなくなりそうですね。

費用:9000円(税別)

治療時間:10分程度

赤み 1時間程度

リスク:再発

ピコトーニング後の注意点

 

・シミ、くすみ、色素沈着等は1回では無くなりません。

継続して行うことで効果が出てきます。2~4週間毎に通われることをお勧めします。

・ピコトーニング後、照射によって肌全体に乾燥が強くなります。保湿ケアを十分に行ってください。

・個人差はありますが、レーザー照射によって体の防御反応として膨疹が出来ることがありますが、数日~1週間で治まりますのでご安心ください。

・日焼けをしてしまうと色素沈着になる可能性があります。日焼け止めを必ず塗るようにしてください。

 

当院HPはこちらをクリック

ピコレーザーに関するブログはこちらをご覧ください

シミのできる原因についてのブログはこちらをご覧ください

些細なことでもご相談ください。

静岡美容外科橋本クリニック