切らない目の下脂肪取り(スリーミックス法)について


みなさまこんにちは!

忘年会が大好きな橋本です!

さて今回は当院で特に相談が多い目の下治療(主にスリーミックス法)の紹介です。

目の下スリーミックス法は加齢とともに徐々に目立ってくる目の下のくま・たるみ・ふくらみを改善する目的で行う手術です。

スリーミックス法は①目の下の脂肪を結膜側から除去する。②伸びた眼窩隔膜を再固定し再発を予防する。③再生治療(幹細胞上清液)を用いて創傷治癒の促進、皮膚の再生(ハリ、小じわなど)を改善させる。といった3つの方法を用いて施術を行います。

ご来院される多くの方は年を重ねてから下まぶたがたるんでいて疲れてみえる、疲労時に夜になると下まぶたが特にたるんで老けてみえるなどご相談があります。

また若年者でも目の下の膨らみは目立つ方もいらっしゃいます。

眼窩脂肪が垂れ下がっている場合には、皮膚に一切傷をつけない切らない目の下脂肪取り(スリーミックス法)で改善が可能です。

術後は腫れも少なく皮膚側に傷がないため、翌日よりメイクが可能で、ダウンタイムが取れない方にも向いた手術です。

目の下の膨らみは脂肪が原因

眼窩脂肪とは、目を守るためにある脂肪で太っているか、痩せているかに関わりなく誰にでもあります。

頭蓋骨には目を置くために穴があり、その部分を眼窩と言います。

その上にそのまま眼球を置いてしまうと、いろんな衝撃によって眼球はダメージを受けてしまいます。

眼窩と眼球の間に眼窩脂肪があることで、眼窩脂肪が衝撃を吸収するクッションのような役割を果たし、様々な衝撃から眼球を守っています。

つまり眼窩脂肪は目のためには必要なものといえます。

しかし、下図のように加齢によって眼球の靱帯が緩みや、眼輪筋の衰えによって眼球が下がり、脂肪が飛び出る原因となります。

眼窩脂肪の量は個人差があり、人によって生まれつき多い方もいます。

眼窩脂肪の量が多い方や眼窩隔膜の緊張が弱い方は眼窩脂肪が突出しやすく、若くても目の下に膨らみが見られることもあります。

目の下の脂肪は大きく分けて3つ、解剖を含めて

下まぶたの内部には「眼窩隔膜」という膜で仕切られた三つの小部屋があります。

それぞれの中に眼窩脂肪が詰まっています。

加齢とともに靱帯のゆるみや眼輪筋等の衰えにより、脂肪がそれ自身の重みによって垂れ下がり、ぷっくりとしたたるみとなって目立つようになるのです。

望ましい効果を上げるには三つの小部屋からバランスよく脂肪を取り除くことが重要です。

術前にデザインして除去する脂肪を決定します

目の下脂肪取り(スリーミックス法)を除去する前に、脂肪がある場所をマーキングすることで脂肪の取り残し、または取りすぎを防止します。

結膜の眼窩隔膜前面から隔膜を切開すると眼窩脂肪が露出し脱出してきます。

下眼瞼の脂肪は内側、中央、外側と3つの小袋に分かれていますが、術前のマーキング通りに切除します。

主として内側、中央のあふれ出してきた脂肪を、電気メスでしっかりと止血、凝固しながら切除します。

外側にも眼窩脂肪がある場合、必要に応じて切除します。

目の下脂肪除去後に眼窩隔膜を縮小する意味

眼窩隔膜の衰えにより弛緩しているため膨らみが出来ています。

眼窩隔膜から脂肪を取り出しているため、当院では眼窩隔膜を縮小し再び脂肪が飛び出るのを予防します。

目の下脂肪除去後に再生治療を打つする意味

当院では脂肪除去後に幹細胞上清液の注射を行っております。

幹細胞上清液には、皮膚の再生(小じわ、ハリ、弾力、キメ)、美白・クマ、肌質の改善、創傷治癒の促進等の効果があります。

目の下脂肪取り後に注射をする事で、コラーゲンが増生され、皮膚にハリを与えます。

切らない目の下脂肪取り(スリーミックス)の腫れ・内出血について

目元の手術のリスク、合併症において最も頻度の高いのは、術後の腫れ・内出血です。

これらの手術は、二重まぶた埋没法やヒアルロン酸注射などと違い、程度の差はあれ、ほとんどの方に内出血が生じます。

当院でも細心の注意を払い施術させていただきますが100%内出血が出ないという事は不可能でございます。

軽い内出血であれば、2.3日でほとんど消えていますが、強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。

その場合、手術の翌日からアイメイクをすることができるので、ファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。

なるべく内出血を生じないようにするためには、丁寧に手術することはもちろん、患者様が手術中にリラックスして目に力を入れないこと、術後1週間特に最初の3日間くらいは熱いお風呂

長時間浸からないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないことなどが重要です。

切らない目の下脂肪取り(スリーミックス)術後にベビーコラーゲンが必要になる方

切らない目の下脂肪取り(スリーミックス法)後に小ジワが出る方がいらっしゃいます。

脂肪取りにより膨らみが無くなることで今まで気にならなかった小ジワ(ちりめんじわ)が目立つ場合があります。

ベビーコラーゲンはお肌そのものを再生させることができるため、補充することで根本的なシワの改善もあります。

また下の写真のように乳白色をしているので、入れることでクマの黒さや青さを目立たなくし、ワントーン明るい目元になることから「インナーコンシーラー」と呼ばれることもあります。

目の下切らない脂肪取り(スリーミック法)のまとめ

目の下のたるみは疲れて見える、老けて見えるなど顔の印象を大きく左右します。

目の下のたるみは年齢とともに悪化していきますが、このたるみの原因は、寝不足や疲れのみではありません。

下まぶたのふくらみの原因となる眼窩脂肪をまぶたの裏側から取り出すことで、くまやたるみを改善し、皮膚を傷つけることなく、術後の腫れも少ないため時間のない方にもおすすめの施

です。

当院では患者様の症状に合わせた方法で施術を行い、バランスよく脂肪を取り出すことで、治療後の皮膚も平らで滑らかな状態となります。

目の下切らない脂肪取り(スリーミックス法)ですっきりとした目元を手に入れましょう。

院長イラスト

些細なことでもお気軽にご相談ください。

当院ホームページはこちらをクリック

静岡美容外科橋本クリニック