まずはお気軽に

無料カウンセリングをお試しください

 

 

 

 

※上記治療は自由診療となります。

しみ治療なら静岡美容外科橋本クリニック

選ばれる4つの理由


 

1 シミのタイプに合わせた

適切な治療を提案


2 常にアップデートした治療で

最短でのシミ治療を提案


3 ダウンタイムが少ない

シミ治療


4 少ない回数だから

費用も最小限で治療を行える

 

 

 

「ピコレーザー」とは?

当院では2種類のピコレーザーをシミの種類に合わせて使い分けます

ピコシュア

(755nm)

ピコシュアは、アレキサンドライトレーザー(755nm)のピコレーザーです。

パルス幅は、750psから550psまでの設定が可能となっております。

755nmの波長は、1064nmよりもメラニン色素に対する吸光度が3倍と高く、色素沈着を起こしづらい特徴があります。

特にピコシュアによるピコショットは、肌表面に熱ダメージを与えることがなく、シミの治療が可能になりました。ショット後にテープを貼る必要はございません。

 

エンライトンⅢ

(532、670、1064nm)

エンライトンⅢはシミ治療において主に532nm、1064nmの波長を持ちます。パルス幅は、750psです。

532nmはピコシュアのピコショットで取りきれないシミに対して使用します。

また、レーザーの波長が長いほど皮膚の奥深くに到達する性質があります。波長が1064nmと長いエンライトンⅢは、755nmの波長のアレキサンドライトレーザーよりも、より皮膚の奥深くまで届きます。
こういった理由から、シミの存在部位に応じて1064nmの波長を用います。

 

ピコレーザー照射方法の選択

 

ピコレーザーを使用する場合、治療したい“シミ”の範囲や、“シミ”の種類や、ダウンタイムの有無によって照射方法を選択する必要があります。
まずは、大まかな施術の選択について挙げてみます。

 

シミの範囲


特定の部位のシミを治療したい

ピコショット

 

広範囲のシミを治療したい

ピコトーニング

 

シミの種類


 

 

ピコレーザートーニング

レーザートーニングは、低出力の波長を均一に照射することにより、穏やかにメラニン色素を除去し、治療回数を重ねて少しずつ肝斑やシミ、そばかすを薄くしていくタイプの治療です。

真皮層のメラニンまで届く長い波長を持ちながら、均一に照射することができるため、不必要な炎症や刺激を与えることなく、色素沈着部位のメラニン色素を少しずつ分解します。メラニン細胞がメラニンを産生して蓄積させるスピードよりも速く分解することで、細胞のターンオーバーを早め、肝斑やシミ、そばかすを改善させることを目的としています。

 

治療間隔 2週間から4週間に1回の照射を行い、肝斑やシミ、そばかすをだんだん薄くしていきます。
治療時間 約30分
治療後のお化粧 治療直後から可能です。
費用

シングル1回9,000円 / 5回コース40,500円

セミダブル1回13,500円 / 5回コース60,750円

ダブル1回18,000円 / 5回コース81,000円

 

 

ピコショット

 

ピコショットは、532or755nmの波長をピコ秒で照射し、シミの原因であるメラノソームを一気に破壊する方法です。主に、肝斑以外のシミ、そばかすに対して照射します。

ピコショットはシミを照射すると、直後に軽い白色変化が見られます。その後照射部位は徐々に黒くなり、かさぶたが形成されます、かさぶたは約7~10日程度で剥がれ落ちた後、ピンク色の新しい皮膚となります。

周辺組織へのダメージがほとんどないため、ピコショット治療はほとんど痛みがありません。

 

治療間隔

ピコショット1回

治療時間

約10分~30分

※部位や範囲によって所要時間が異なります。

治療後のお化粧 治療翌日から可能です。
費用

1㎜4,500円

取り放題(顔全体)150,000円

取り放題(両手の甲)98,000円

 

ピコショット治療前に行うプレトリートメントとは


プレトリートメントはピコショット後の色素沈着の原因となる「メラニン活性」をあらかじめ下げておくことを目的とした治療です。

 

1.内服治療によって体の内側からメラニン活性を下げる

内服治療(ビタミンC、ビタミンB6、トラネキサム酸など)と併用して行うことで、治療後のリスクを軽減することができます。 シミの種類により治療方法は異なりますが、どの種類のシミでも内服療法は有効です。

 レーザーでシミが一時的に消えたとしても内服治療を併用しないと、再発や色素沈着を起こす可能性が高くなります。

 

2.ピコトーニング照射でメラニンを排泄させメラニン活性を下げる

内服治療と並行して、ピコレーザーによるトーニング治療も始めていただくとより効果的になります。トーニングは、メラニンを排泄させる効果がありますので、2か月~3ヶ月間、トランサミン内服とトーニング治療を続けていただき、メラニン活性を下げたところでシミのショット治療をしていただくと、治療効果を最大限に引き出す事が出来ます。

 

シミ、肝斑、そばかす治療の費用


ピコレーザートーニング

 

1回

シングル 9,000円
セミダブル 13,500円
ダブル

18,000円

5回コース シングル 40,500円
セミダブル 60,750円
ダブル 81,000円
ピコショット 1㎜ 4,500円
取り放題(顔全体)1回 150,000円
取り放題(両手の甲)1回 98,000円
シミ内服治療 1ヶ月 5,000円

ピコショット取り放題について…初回から1年以内の再発は無料で対応致します。まずはご相談ください。

※上記治療は自由診療となります。

※上記価格は税別表記です。

 

 

まずはお気軽に

無料カウンセリングをお試しください

 

 

 

 

 

※上記治療は自由診療となります。

 

施術の流れ


Step1 医師による診察と治療の選択

カウンセラーではなく医師から十分な説明を行います。手術内容や仕上りのイメージ、術後のリスクや費用等、きちんとご納得を頂いた上で施術を受けて頂きます。

 

Step2 洗顔

パウダールームも完全個室ですので、ゆっくりくつろぎながらご利用いただけます。

 

Step3 写真撮影

治療開始からの経過を追って、効果的な治療をサポートさせていただくために、毎回施術前の写真を撮り、肌の状態を記録いたします。※撮影した写真は個人情報として厳重に取扱いいたします。

 

Step4 施術

各施術に対応した専用レーザー室を備えております。

プライバシーに配慮した完全個室のため、リラックスして施術をお受けいただけます。

 

 

よくある質問

Q&A


Q ピコショットは1回で効果がありますか?

A ピコショットは1回でなくなることもありますが、濃さによっては数回必要な場合もございます。プレトリートメントを行うことで治療効果を最大限に引き出す事が出来ます。


Q ピコトーニングとピコショットの違いはなんですか?

A トーニングは全顔に照射し、シミ、肝斑、そばかす、くすみ、色素沈着を徐々に薄くしていく方法です。ショットはシミの部分にのみ照射します。


Q ピコショット後の保護テープはいつまで続けたらいいですか?

A 日光にあたると照射部分が色素沈着になる可能性がりますので10日間は貼り続けてください。その後は日焼け止めで紫外線予防をお願いいたします。


Q ピコショットは痛みがありますか?

A 個人差はございますが、ゴムで弾かれたような痛みがございます。


Q ピコショットの施術時間はどのくらいですか?

A 施術は数分で終了いたします。


Q 治療をやめると元に戻りますか?

A 治療の効果は永久的ではございません。日頃のケアによって効果をより長く実感いただけますので、アフターケア方法もしっかりご案内しております。

 

 

クリニックのご紹介

 

 

院長 橋本健太郎

2004年  日本大学医学部卒業 医師免許取得 同大学で麻酔科医として勤務

2004年~ 日本大学病院勤務 以後、美容外科医、形成外科医として経験を積む

2008年  南青山クリニック院長就任

2010年  銀座アテナクリニック本院開設

2016年  静岡美容外科橋本クリニック開設

 

日本美容外科医師会 会員
日本美容外科学会 会員
日本抗加齢医学会 会員
GID学会 会員

 

 

静岡美容外科橋本クリニック

静岡県静岡市葵区呉服町2-8-12ランドマーク呉服町ビル3F・4F

電話番号 0120-686-100

診療時間 11:00-20:00

休  診  日 不定休(お問い合わせください)

 

お車でお越しの方へ 提携駐車場のご案内

当院ではクリニック近隣に6か所の提携駐車場をご用意しております。

お車でご来院の方は提携駐車場をご利用ください。

サービス券を発行いたしますので、駐車券を受付にてご提示ください。

 

 

Googleマップでみる


 しみ治療

 しわ治療

 リフトアップ