処女膜再生手術


「処女膜を再生したい」と思う気持ちにはいろんな理由や悩みがあると思います。

そんな悩みも処女膜再生手術が解決します。

処女膜とは

膣の入り口付近にある粘膜のひだを指し、時に膣内に薄い膜を張ることがあります。

普通は膣の入口ををせばめるようにしているだけであり、膜で膣を塞ぐことはまずありません。

このため、月経血やおりものは問題なく排出されます。

処女膜を再生させたい方

・異性に処女と思われたい

・スポーツで処女膜が破れてしまった。

処女膜再生手術とは

局所麻酔で行う手術で30分程で終わります。

特殊な糸で破れてしまった膜を再生させる施術です。

膣の粘膜を縫い合わせ、性行為後に出血や痛みを起こさせるのが目的です。

溶ける糸を使用するため抜糸の必要がございません。

残った糸はおりものと一緒に排泄されますのでご安心ください。

溶ける糸で縫合をしていますので性行為を手術後翌日~1週間以内に行います。

 

 

処女膜再生手術後の注意点

麻酔が切れてから痛みが出現する可能性があります。

痛み止めで対応可能な範囲です。

術後、数日少量出血することがあります。

すぐ止まりますのでタンポンは使用せず、ナプキンの使用をお願いします。

自慰行為、前戯行為は控えてください。(糸が切れることあり)

パートナーの都合などで手術後、性行為をしても出血しない場合があります。

 

どんな些細な事でもご相談ください。

橋本健太郎

当院の婦人科形成の診療内容はこちらをクリック