たるみ 治療 (美容外科に来る前編)


皆さまこんにちは静岡美容外科 橋本クリニックの院長の橋本健太郎です。

シミやシワなどと同じように、見た目年齢を上げやすいものとして「たるみ」があります。ときには、10歳も老けて見えてしまう「たるみ」の原因と、美容外科に来る前のご自身で出来る治療法を説明します。

たるみの原因

1、肌の弾力低下

肌の弾力が低下すると、顔のたるみの原因になります。

私たちの肌は表皮層、真皮層、皮下組織の3層構造です。

皮膚の構造

肌の真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分があり肌の弾力は、これらの成分が真皮層に適切な構造で十分に存在することで保たれています。

そして肌の弾力「ハリ」は以下のようなことで失われてしまいます。

紫外線・生活習慣・乾燥・加齢

2、筋力低下

表情筋が衰えると、その上にある脂肪や皮膚を支えられなくなってしまいます。

3、皮下脂肪の増加

皮下脂肪が増えると重力でしたに引っ張られる力が強くなるので皮膚・筋肉もつられてたるみます。

 

自宅で出来るたるみ改善法としては

・紫外線対策

・バランスのいい食事・生活習慣

・良質な睡眠

・十分な保湿

・筋肉を鍛える

・ダイエット一般

よくある勘違いですが、たるみを防止しようと強い力でマッサージをすると、刺激で真皮層が傷つき、たるみを悪化させてしまう事があります。特に目元の皮膚はお顔で一番薄くなっているので注意が必要です。

些細な事でも質問・相談してください。

橋本 健太郎

当院のたるみの診療内容はこちらをクリック