切らない目の下たるみ取り(スリーミックス法)の術後1か月の症例写真の紹介


皆様、こんにちは!

最近、インディアンジュエリーにはまってる橋本です。

さて、今回は当院の人気メニュー『切らない目の下たるみ取り。脂肪取り(スリーミックス法))』のモニター様の紹介です。

切らない目の下たるみ取り(スリーミックス法)の術後1か月の症例写真の紹介です。

施術名:切らない目の下たるみ取り(スリーミックス法)

費用:240,000円(税抜)

麻酔:局所麻酔

治療時間:30分程度

腫れ・内出血:3日~2週間程度

リスク:感染、血腫、皮膚のたるみが強い場合シワの出現の可能性

 

手術前、黒クマ(脂肪)、茶クマ(色素沈着)がはっきりと出ていましたが、術後1か月では黒クマ(脂肪)や目周りの小じわが改善され目元がすっきりされているのがわかります。

茶クマ(色素沈着)は洗顔や化粧など外的刺激からの摩擦によって起こります。

茶クマは切らない目の下たるみ取り(スリーミックス法)では完全に取り除くことが出来ませんのでご注意ください。

茶クマに対しては追加でピコトーニングなどを行う場合もございます。(別途)

切らない目の下たるみ取り(スリーミックス法)とは

老化や体質によって、その脂肪を包んでいる膜がゆるんでくると、ハリを失い目の下のふくらみが生じます。

下まぶたの内部には「眼窩角膜」という膜で仕切られた三つの小部屋があり、それぞれの中に「眼窩脂肪」という少量の脂肪が詰まっています。

加齢とともに眼窩角膜が衰え、伸びてくると、脂肪がそれ自身の重みによって垂れ下がり、ぷっくりとしたたるみとなって目立つようになるのです。

望ましい効果を上げるには三つの小部屋からバランスよく脂肪を取り除くことが重要です。

当院では、

①下まぶたの裏側の粘膜に数ミリの穴を開けて、そこから優れた特殊器具を使い脂肪を取り除きます。

②脂肪を取り出した際に開けた眼窩角膜を縮小し、再び脂肪が飛び出るのを極力防ぎます。

③目の下は皮膚が薄く、ハリが失われやすいため「幹細胞上清液」を使用します。

幹細胞上清液はコラーゲンが増生され、新生血管の増生が生じ、皮膚のハリが出てきます。もちろん異物ではありませんので、人体への悪影響は全くありません。

3つのステップを行うのでスリーミックス法と呼んでいます。

切らない目の下たるみ取り・脂肪取り(スリーミックス法)のまとめ

スリーミックス法は、当院で症例数も多く、大変人気なメニューとなっております。

目元のたるみが改善されると、明るく若々しい印象を与えることが出来ます!

さらに、目の下の皮膚が伸びてきってしまう前に施術を受けていただくと、術後の経過もより若々しいものとなります。

お悩みの方は、お早めの施術をオススメ致します。

 

 

当院HPはこちらをクリック

どんな些細なことでもご相談ください。

静岡美容外科橋本クリニック