ピコレーザーで行ったシミ治療の経過報告です。


 

暑い日が毎日続いてます。

皆様、体調管理はしっかりして下さい。

今回はピコレーザーによるシミ治療の症例写真をご紹介します。

ピコレーザーで行ったしみ除去の経過

施術名:ピコショット

費用:1㎜ 4500円

リスク:炎症性色素沈着、肝斑共存の場合取れない事も有ります。

写真のモニター様は6月上旬にご来院されました。

シミの大きさは20㎜有りましたが、肝斑が見られなかったので「ピコショット」を施行しました。

照射後2か月の経過ですが、シミがかなり薄くなりほぼ無くなっているのが分かります。

照射後にご自身で行っていただくテープの交換や、日焼け対策もしっかり行っていただいた結果だと思います。

ピコレーザでシミ除去を行う利点

シミの原因であるメラノソームを破壊するのに必要なパルス幅は50㎱(ナノセカンド)と言われています。

㎱(ナノセカンド)はPS(ピコセカンド)の1000倍の単位です。

すなわち、わざわざピコレーザーを用いなくてもシミは除去出来るという事です。

では、ピコレーザーでシミを取るメリットとは

結論は出ていませんが論文等で記載では

1.過去のQSL Nd:YAG、532㎚の検討と比較してPIH(炎症性色素沈着)の発症が低率で効果が高かった。

2.photo-acoustic effectが加わることによって、低出力で有効な治療が可能である。

3.組織学的検討において、波及する周囲のダメージが限定されていた。

つまり合併症の軽減につながる事が示唆されています。

ピコレーザーを用いる事で、ナノセカンドレーザーと比較して色素沈着等の副作用が起こりづらく、効果の高いシミ治療を行う事が出来る。という事になります。

当院のシミ治療のHPはこちらです。

些細なことでもお気軽にご相談ください。