二重ナチュラル2点留めと切らない目の上脂肪取りの術中の様子です。


皆さんこんにちは!

雨天決行という言葉が苦手な橋本です。

さてさて、今回は二重埋没法(ナチュラル法)と切らない目の上脂肪取りの紹介です。

二重ナチュラル2点留めと切らない目の上脂肪取りの術中の様子です。

 

手術直後でも腫れは少なく、パッチリした目元の印象になっていますね!

二重ナチュラル法とは?

当院では、埋没糸を点で留めるのではなく、ループ状に点で留めています。

したがって、目を閉じた状態で糸玉が浮いてきたり、跡が目立つことがありません。

さらに、二重手術にはスタンダード法ナチュラル法があり、今回はナチュラル法を行っています。

ナチュラルデザインは特殊な技術で皮下組織の一部を除去してから埋没法を行い、除去した皮下組織の窪みに埋没糸が丁度入るため術後の仕上がりがより自然になります。

また組織再生の過程で埋没糸との癒着が起こるため、糸がより外れづらくなります。

切らない目の上脂肪取りとは?

切らない目の上脂肪取りとは、二重にした後の埋没の針穴(1ヵ所)から脂肪を抜き出していく方法です。

したがって傷跡はほとんど分かりません。

目の上の脂肪が多く、目元に腫れぼったい印象があると、目が小さく見えたり目つきが悪い印象を与えてしまう事もあります。

今回は、二重手術・目の上脂肪取りを両方行っているため、目元の印象をよりスッキリ・ハッキリさせる事が出来ました。

術後の経過について

先程の動画の通り、手術直後でも腫れは目立ちません。

腫れのピークは2~3日程度で、その後落ち着いてきます。

内出血が出た場合でも、1~2週間で消失しますのでご安心ください。

 

目元のご相談ならお任せください!

是非お問い合わせお待ちしております。

当院のHPはこちら