新春!二重手術キャンペーンのお知らせ!3月末日までです!


みなさん、こんにちは。

毎年、自分は花粉症じゃないと信じている橋本です。

もうすぐ春ですね!

春というと、高校入学や大学入学、就職などなど、新しい環境にいかれる方が多いと思います。

この時期は特に、美容外科でイメチェンされる方が特に多くなります。

今回は、春のイメチェン一番人気メニュー「二重手術」を紹介していきたいと思います。

当院の二重埋没法にスタンダード法とナチュラルデザイン法の違いについて

二重埋没法とは、特殊な医療用の極細糸を切らずにまぶたの中に埋没することで、二重の折れグセをつける方法です。

当院の埋没法は、点で留めるのではなくループ状に点で留めるため、目を閉じた状態で糸玉が浮いてきたり跡が目立つことがありません。

さらに、当院では手術方法が「スタンダード法」と「ナチュラルデザイン法」に分けられます。

スタンダード法は瞼板前の皮下組織を特に除去せず埋没法を行います。

ナチュラルデザイン法と比較して腫れ・内出血が少なくなります。

ナチュラルデザイン法は、特殊な技術で瞼板前の皮下組織の一部を除去してから埋没法を行います。

除去した皮下組織の窪みに埋没糸が入るため術後、糸玉が目立ちにくくなります。

また、皮下組織の窪みの中で埋没糸と癒着が起こるため、より外れにくいという特徴もあります。

二重まぶた埋没法の術式

二重埋没法1点留め、2点留め、3点留めの違いについて

 埋没法1点留めに向いてる方

アイプチなどでラインがほぼほぼついており、瞼の厚みが少なく、希望する二重幅があまり広くない方にお勧めです。

逆に、上記以外の方が1点留めをすると、二重のラインが綺麗に出ない(カクカクする)、糸がすぐ外れる、 などの不都合が生じる可能性がございます。

しかし、副作用である腫れ・内出血は一番少ないです。

 埋没法2点留めに向いてる方

切開が必要なほどまぶたが厚い方以外は2点留めで綺麗な二重のラインが出ます。

切開が必要なほどまぶたが厚い方でも「切らない脂肪取り」(埋没する針穴から脂肪を除去する方法)を併用する事で、埋没法2点留めで二重を作成出来る事は多々あります。

2点留めを行えば、1点留めで見られるカクカクしたラインにはなりません。

 埋没法3点留めに向いてる方

埋没法2点留め・3点留めの決定的な差は持続力です。

出るラインは基本的に2点留めと同じです。

3点留めを行う事で1つの糸に掛る負担が減り、1点留め・2点留めと比較し綺麗なラインがより長期間持続します。

過去に埋没法を行ってすぐに戻ってしまった方や、瞼の厚みが強い方、たるみが強い方、切開することに抵抗がある方にお勧めです。

こちらが二重埋没法3点留めを行った方の症例写真です。

直後でも腫れが少なく、とても自然で綺麗なラインが出ています。

当院では、開院4年目にして二重埋没ナチュラル3点留めを行った方で糸が取れてしまった、という方は1人もいらっしゃいません!

二重埋没法としばしば併用する切らない脂肪取りとは?

まぶたが比較的厚い方で、二重埋没法を行う方にオススメさせていただいているメニューです。

術式は、二重埋没法で使用する針穴から、眼窩脂肪を特殊なピンセットで抜き出していく方法です。

高度な技術をともないますが当院では丁寧にこの方法を行っております。

埋没糸の針穴(1ヵ所)から脂肪を抜き出しますので、傷跡はわかりません。

腫れはほとんど無く、手術直後に二重のラインに沿って2㎜の赤い点が出来る程度です。

瞼の脂肪が取れる事で二重のライン(特に外側)が綺麗に出ますので、二重埋没法と併用して行う方がとても多いです。

当院で二重埋没法で使用する針について

埋没法で使用する針

 

当院では、埋没糸を通す際に用いる針を角針ではなく丸針を使用しています。

角針は組織貫通性に優れるので操作しやすいですが、組織貫通性が高いため血管損傷のリスクが高くなり結果、内出血、腫れが起こる可能性が高くなります。

ですので当院では丸針を使用し、皮膚や毛細血管の損傷を抑えて内出血を起こりにくくし、少しでもお客様のご負担を少なくする術式を行っています。

二重埋没法と二重全切開法の違い

二重埋没法と二重全切開法、自分はどちらに向いているの迷われる方もいらっしゃると思います。

そこで2つの違いについて説明していきます。

二重全切開法とは、メスを使用する術式です。

二重のラインに沿って切開し、患者様の状態に応じてオーダーメイドの手術を行います。

腫れぼったさが気になる方の場合には脂肪を取り、たるみが気になる方の場合には皮膚切除を行うなど、きめ細かく対応する事が可能です。

こちらの術式は切開を行うため、埋没法と違い抜糸が必要になります。

5~7日後に抜糸を行うため、お仕事をされている方は長期のお休みを取る事をお勧めしています。

さらに、メスを使用するため腫れと内出血が出るリスクがあります。

腫れ・内出血が出た場合は、10日~2週間ほどで落ち着いてきます。

切開法の最大の利点はほぼ100パーセント元に戻らない事なので、まぶたが厚くアイプチを用いても二重にならない方や、まぶたの腫れぼったさやたるみが気になる方、埋没法を何度か行ったが元に戻ってしまった方に適しています。

キャンペーンの費用について

★二重埋没法<スタンダード法>

両目1点留め 60,000円 / 2点留め 100,000円 / 3点留め 120,000円

★二重埋没法<ナチュラルデザイン法>

両目1点留め 80,000円 / 2点留め 120,000円 / 3点留め 150,000円

★上まぶた切らない脂肪取り

両目100,000円 / 埋没法と同時施術の場合50,000円

★二重全切開法

両目350,000円 / 全切開+脂肪取り450,000円

 

ここで、春の新生活応援キャンペーンを行います!

3月末日まで…

二重埋没法・二重全切開法 10%OFFとさせていただきます!!

この機会に是非ご検討ください!(^^)!

まとめ

二重埋没法と二重全切開法についてお話させていただきましたが、まぶたがとても厚い方や重度の眼瞼下垂がある方以外は、ほとんど二重埋没法で綺麗な二重を作る事が出来ます。

まぶたが厚いと感じる方も、切らない目の上脂肪取りを併用すれば二重埋没法でも綺麗なラインを作れる事が多いです。

二重埋没法でしたら、腫れが出た場合も3~5日程度でおさまりますので長期間お休みがなくてもお気軽に手術を受けていただけます。

自然な二重にしたい方、はっきりした目元にしたい方、様々なご要望があります。

カウンセリング時に、お客様のご要望を聞かせていただき、最適なデザインを一緒に考えさせていただいております。

目元はお顔の印象を大きく変えますので、お客様のイメージ通りの目元になるよう尽力させていただきます!

二重埋没法、二重全切開法、ご自身がどちらに向いているか、どんな目元になれるか等全てご相談ください。

カウンセリングのみでも大歓迎ですので是非お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております!

当院のHPはこちら