二重埋没ナチュラル3点留めのモニター様の紹介です。


皆様こんにちは!

最近、眼鏡を新調しより細かい手術が得意な橋本です。

さて、今回は当院で施術を受けてくださった二重埋没のモニター様のご紹介です。

当院の二重埋没法の施術経過

〈施術内容・費用〉 ナチュラル3点留め:150,000円

〈リスク〉 腫れ・内出血・感染・アレルギー・後戻りの可能性など

〈腫れ・内出血〉2〜3日がピークで徐々に引いていきます。

施術直後から腫れも少なく、腫れが完全に引いた1か月後は二重幅も安定しまつ毛の生え際が見える様になり、目が大きく見えますね。

お顔の印象もパッと明るくなられ、華やかな印象になりましたね。

当院の二重埋没法によるスタンダード法・ナチュラル法の違いとは

当院の埋没法にはスタンダード法とナチュラル法の2種類の方法があります。

どちらの埋没法は点で留めるのではなく、ループ状に留めているため、目を閉じた状態で糸玉が浮いてきたり、跡が目立ちにくい方法です。

スタンダード法とナチュラル法の違いは

ナチュラル法は特殊な技術で皮下組織の一部を除去してから埋没法を行い、除去した皮下組織の中に埋没糸が丁度入るため仕上がりがより自然になります。

また組織再生の過程で埋没糸との癒着が起こるためより外れにくくなります。

当院で使用する二重埋没針

当院では埋没糸を通す際に用いる針を角針ではなく丸針を使用し、皮膚や毛細血管の損傷を抑えて内出血を起こりにくくします。

外科学一般的に皮膚縫合は角針で行い、腸や血管の縫合は丸針を用います。

角針は組織貫通性に優れるので操作しやすいですが、組織貫通性が高いため血管損傷のリスクが高くなり結果、内出血、腫れが起こる可能性が高くなります。

そのため当院では、皮膚縫合には通常用いない丸針を使用し、少しでもお客様のご負担を少なくする術式で行います。

 

 

院長イラスト

どんな些細なことでもご相談ください。

当院HPはこちらをクリック

静岡美容外科橋本クリニック