目の下スリーミックス法と目の下リードファイン併用施術経過です!


こんにちわ、橋本です。

さて今日は当院で大人気の施術「切らない目の下のたるみ取り(スリーミックス法)」に目の下リードファインリフトを併用した症例を紹介します。

切らない目の下たるみ取りとは

簡単なおさらいです。

眼球の周りには眼窩脂肪とよばれる脂肪が存在します。

下まぶたの眼窩脂肪は眼窩角膜という膜でしきられた3つの小部屋に納まっています。

エイジングや体質によりその眼窩角膜が衰えたるんでくると、目の下のハリが失われ小部屋に納まっている脂肪がぷっくりとしたたるみとなり目立ってきます。

当院オリジナルのスリーミックス法は・・・・

①下まぶたの裏側の粘膜に数ミリの穴を開けて、そこから優れた特殊器具を使い脂肪を取り除きます。

②脂肪を取り出した際に開けた眼窩角膜を縮小し、再び脂肪が飛び出るのを極力防ぎます。

③目の下は皮膚が薄く、ハリが失われやすいため「幹細胞上清液」を使用します。

幹細胞上清液を使用する事でコラーゲン生成が活性化し目元の皮膚にハリがでます。

うるおいコラーゲンリフト(リードファインリフト)とは

うるおいコラーゲンリフト(リードファインリフト)とは極細針で非常に吸収糸を皮膚に挿入する施術です。

挿入した吸収糸の刺激でコラーゲンやエラスチンの生成が促進され、たるんだ肌にハリを与えます。

施術可能部位は額・目尻・ゴルゴ線・ほうれい線・マリオネット線・頬・フェイスライン・首など様々です。

切らない目の下のたるみ取り(スリーミックス法)にうるおいコラーゲンリフト(リードファインリフト)をプラスすることで目元のたるみのさらなる改善か期待されます。

目の下たるみ取り(スリーミックス法)&目の下リードファイン1か月後の様子

従来のスリーミックス法に加え、目元のうるおいコラーゲンリフト(リードファインリフト)の併用により、メスを使わず目の下のたるみ改善効果を十分認めます。

施術名:切らない目の下たるみ取り(スリーミックス法)&目の下リードファインリフト

費用:29万円(税別)

リスク:内出血、腫れ、感染

施術時間:30~60分

ダインタイム:2~3日

 

些細な事でもご相談ください。

 

当院の目元に関する診療HPはこちらをクリック

目の下スリーミックス法に関する院長ブログはこちらをクリック