小陰唇縮小手術に関する論文のご紹介です


日に日に寒さがきつくなっております。

皆さま体調を崩さないようにご自愛ください。

今日はPRSで当院でもよく行っている小陰唇縮小手術に関する記事があったのでご紹介します。

タイトルは女性が小陰唇縮小手術をリクエストする理由です。

著者 Sorice SC、Li AY、Canales FL、Furnas HJ

小陰唇縮小手術を求める動機付けを決定するために、50人の患者を小陰唇縮肥大に関連する11の身体的および外見関連症状を評価するアンケートで前向きに評価した。

そのうちの最も関連性の高いものは、

1、性交中の引き裂けまたは痛み

2、水着における小陰唇の露出

3、タイトなズボンを着用中の不快感

4、小陰唇のねじれ

5、自己嫌悪の増大

6、ヨガのパンツなどを履いた時の陰部の視認性

7、パートナーや他の人にはあまり魅力的ではないと感じられてしまう。

ほとんどの代表的な動機として審美面と機能面での懸念の組み合わせであることがわかりました。

十分に訓練された外科医が小陰唇縮小手術を行った結果、彼ら(患者)は優れた成果を達成し、非常に少ない合併症を経験し、生活の質を大幅に改善します。

1971年から2014年にかけて実施された英語と非英語の研究のうち、1981人の患者を含む文献を総合的にレビューしたところ、満足度は常に90%を超え、術後合併症はほとんどなかった。

合併症があった場合でも、すべてが簡単に解決します。

結論として、

様々なデーターに基づいて、私たちは美容的で機能的な女性のニーズを満たす小陰唇縮小手術に反対するための証拠がなく、また小陰唇縮小手術は患者の健康を適切な程度まで改善することまでも示されています。

以上がPRSの論文内容となっております。

引き続き、安心の手術を提供できるように邁進していきます。

当院のHPはこちらです。