当院はそばかす(雀卵斑)の治療に自信がある件について!


みなさん、こんにちは!

今回は、そばかす(雀卵斑)についてです。

当院でのそばかす治療には絶対的な自信があります。

お悩みの方も多いと思いますので詳しく解説していきまね!

そばかす(雀卵斑)とは?

そばかすとは、両側の頬を中心に点在する色素斑のことを指します。

見た目がスズメの卵の表面と類似することから雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれます。

そばかすは幼児期に発症することが多く、思春期頃までに濃くなることが多いです。

そばかすは白人にみられることが多く、日本人でも色白の人にみられる傾向にあります。

そばかすの原因は、遺伝・紫外線等と言われています。

治療法としては、レーザーによる治療や紫外線対策が挙げられます。

では、当院で行っているレーザー治療について説明していきます。

当院のそばかす(雀卵斑)治療について

当院のそばかす(雀卵斑)治療はピコシュアを用いてピコショット&ピコトーニングを行っております。

まずはピコショットを全てのそばかす(雀卵斑)にあてていき、色素を薄くしていきます。

その後、色素が残ったそばかすに対し、ピコトーニングを3~4週間おきに行っていく治療を行いました。

お顔全体にあったそばかすがほとんど消え、お肌のトーンもぐんとアップしています!

そばかすが消えるとお顔の印象も変わりますね。

ピコショット後は、一時的にそばかすの色素が濃くなる経過をたどりますが、その後はどんどん色素が薄くなっていきます。

ピコトーニングに関してはダウンタイムは一切ないためご安心ください。

最後に

そばかす(雀卵斑)を含めシミの原因のメラニンに高い吸収率をもつピコシュア(波長755)によるシミ治療。

ひとくちにシミといっても様々な治療のアプローチがあります。

当院ではお客様のシミの状態に応じて総合的に治療をおこなっておりますので、些細なことでもご相談下さい。

当院のHPはこちら