糸リフトより効果的?新型HIFUウルトラセルQ+について


秋も深まりだいぶ涼しくなってきました。皆さま体調管理には十分お気をつけください。

さて、今日は当院で導入の「ULTRAcel Q+」(ウルトラセルQプラス)の紹介です。

痛みの少なさ、効果の高さ・費用の安さから導入を決定しました。

「ULTRAcel Q+」はHIFE(ハイフ:高密度焦点式超音波)という技術を使用した治療器です。

短時間で快適に肌のリフトアップやたるみ・しわの改善、ボディーの部分的引き締めが出来る現在とても注目を浴びているこちらの治療についてお話していきます。

HIFE(高密度焦点式超音波)とは

HIFE(High Intensity Focused Ultrasound:高密度焦点式超音波)は身体を傷つけずに内部の病巣(特に癌)の治療目的で開発された治療法です。

一般に超音波は、人間の聞こえる周波数範囲より高い周波数の音波として定義されます。

医学の領域では、身体の内部を検査する装置として広く応用され、とくに妊娠中の胎児の診断にも使われている大変安全な検査法です。

その超音波を、虫眼鏡のような凹面レンズから2~20センチメートルほど離れたある特定の小さな焦点領域に集めると、さらに強い超音波であるHIFUとなります。

この強力なHIFUの超音波振動エネルギーは、身体の中で吸収されることによって熱変換され、目的とする層にのみを熱を加える治療法である。

この際、焦点領域以外の部位や途中に介在する皮膚や臓器には影響を及ぼさないのが特徴です。

新型HIFU・ウルトラセルQプラスはどんな人に向いている?

新型HIFU・ウルトラセルQプラスは従来機に比較し痛みも本当に少なくなっており、腫れなどのダウンタイムが一切ありません。

よって、以下のような方にお勧めです!

  • 顔や首のたるみが気になる方
  • たるみのせいで疲れた印象になる方
  • ほうれい線や小じわが目立つ方
  • フェイスリフトやスレッドリフトなどの外科的な手術は受けたくない方
  • ダウンタイムなし痛みなしに効果を即実感したい方
  • 小顔になりたい方
  • 治療後腫れると困る方

新型HIFU・ウルトラセルQプラスの効果や持続期間は?

① ウルトラセルQプラスで真皮層・皮下組織・筋層(SMAS)に超音波を照射し点状の熱を与えます。

② ウルトラセルQプラスの照射による熱エネルギーで真皮層・皮下組織・筋層(SMAS)の各層の引締め効果が起こります。

③ 緩んでしまっていた真皮層・皮下組織・筋層(SMAS)が縮みリフトアップ効果が得られます。

HIFUテクノロジーはターゲットに超音波の熱エネルギーを皮膚内部に点状に集中させ、タンパク変性を起こすことでコラーゲンの再生を促し、たるみを改善します。

治療直後はもちろん、コラーゲンの再生が行われる2~3ヶ月後に最も効果を感じていただけます。また、このプロセスは中長期的に持続します。

1回お治療でも効果的ですが、より永続的な効果を望まれる場合は、半年から1年に一度のペースを目安に治療を継続することをおすすめいたします。

当院では原理と解剖をしっかり把握しSMASなどに効果的に照射する事を心掛けています。

当院のリフトアップメニューで効果の順位をつけるなら、

切るフェイスリフト>スプリング3Dリフト>ウルトラセルQ+>セルフロック>レーザーフェイシャル>リードファインリフトでしょう。

自分がデモ機を試した所感ですが、3か月目のピークの時は周りの友人から「ハッシー痩せた?」とよく言われちょっと普段よりモテた気がします。

新型HIFU・ウルトラセルQプラスは本当に痛くないのか?

私自身がデモ機を試しましたが全く痛くありませんでした。

従来機で痛みが強くもう無理という方も是非お試し下さい。

様々な機械を自分の顔で試しましたが、かなり痛みが少ない部類に入ると感じました。

あまりに痛くなくて本当に効果があるのか心配になりました(笑)

新型HIFU・ウルトラセルQプラスは目周りにも使用可能か?

当院ではオプションの目用のプローブを購入したためフェイスは勿論、目の周囲やカーブした箇所など細かい部分への照射が可能です!

新型HIFU・ウルトラセルQプラスの施術時間は?

約15分で施術が終わります。

1ショットの照射ズピードは他のHIFU治療器と比べても非常に早く、短時間で終了し、これがウルトラセルQプラスの最も特価した機能らしいです!

新型HIFU・ウルトラセルQプラスの費用は?

ウルトラセルQ+の費用は以下の通りですので参考にしてください。

  • 顔全体 → 78.000円/回
  • 首 → 38.000円/回
  • 顔全体+首 → 100.000円/回

 

当院のウルトラセルQ+に関する診療HPはこちらをクリック

些細なことでもお気軽にご相談ください。